お金のコツ・テクニック

一般、つみたて、ジュニアNISA口座のデメリット・注意点は?【初心者向け】

NISAを始めたいけど、デメリットや注意点はある?

こんな疑問に答えます。

私、にこ(@nikolog1019)は元証券会社勤務。
証券アナリスト、証券外務員1種、日商簿記2級の資格を持っています。
当ブログでは、私が証券会社で学んできた投資に関することを分かりやすくお伝えしています。

この記事を読んで得られること
  • NISAのデメリットや注意点が分かる

NISAとは?NISAのメリットは税金がかからなくなること

NISAとは「少額投資非課税制度」のことで、毎年一定の投資枠内で購入した金融商品から得た利益や配当に対して、通常は約20%かかる税金がかからなくなる制度のことです。

NISAにはジュニアNISA、一般NISA、つみたてNISAの3種類があります。

NISAの基礎知識については、下記の記事をご覧ください(^^)

【初心者向け】NISAとは?一般、つみたて、ジュニアの違いを比較!選び方は?併用はできる?

各NISAに共通するデメリット・注意点

運用益・配当金が非課税になるNISAですが、デメリット・注意点もあります。

NISA共通のデメリット・注意点
  • 1人1口座しか持てない
  • 口座開設するところによって商品が異なる
  • 新規購入の商品のみが対象になる
  • 売却時しても投資枠の再利用はできない
  • 未使用分は翌年に繰り越されない
  • 一般口座や特定口座との損益通算ができない

一つずつ解説していきますね。

1人1口座しか持てない

NISA口座は1人につき1口座のみです。
例えば、SBI証券でNISA口座を開設した場合は、楽天証券で別のNISA口座を作ることはできません。

このように複数口座の開設を許可してしまえば、二重・三重で節税メリットを享受できることになってしまいますからね(汗)

口座開設するところによって商品が異なる

NISAは1人1口座しか持てないため、どこで口座を開設するかが重要になってきます。

NISA口座は、証券会社のほか銀行・信金・信組、投信会社、信託銀行などで作ることができますが、気を付けたいのが、「NISA口座を開設する場所によって扱っている商品が異なる」ことです。

例えば、銀行でNISA口座を開設しても、上場株式には投資できません。
銀行では証券を取り扱っていないからです。

つみたてNISAの場合は、投資信託しか投資できませんが、

例えば、セゾン投信でつみたてNISA口座を開設した場合は、
セゾン投信で扱っている、つみたてNISA商品2種類からしか選べません。

しかし、SBI証券でつみたてNISA口座を開設した場合は、175種類の商品から選ぶことができます。
(2021/10/1現在、つみたてNISAの商品は全部で200本しかありません)

このように、NISA口座は「どこで開設するか」がとても重要です。

取扱商品が多いところが無難でオススメですので、SBI証券や楽天証券などが良いと思います(^^)

新規購入の商品のみが対象になる

NISAは、口座内で新たに購入した投資商品が非課税の対象になります。

特定口座や一般口座を既に持っている場合でも、それらの商品をNISA口座に移すことはできません。

売却時しても投資枠の再利用はできない

一般NISAは毎年120万円、つみたてNISAは毎年40万円、ジュニアNISAは毎年80万円の投資枠がありますが、
これらの投資枠の中で既に購入している商品を売却しても、投資枠は増えません

例えば、一般NISAで80万円の商品を購入してその後売却をしたとしても、残りの投資枠は40万円分です。

未使用分は翌年に繰り越されない

各NISAで定められている非課税投資枠の未使用分があっても、翌年以降に繰り越すことはできません

例えば、一般NISAで120万円の投資枠がありその年に80万円しか投資できなかったとしても、翌年は120万円の投資枠しかもらえません。

一般口座や特定口座との損益通算ができない

NISA口座では、一般口座や特定口座との損益通算ができません

例えば、特定口座で保有している、ある投資商品に損失が出てしまった場合、他の利益が出ている投資商品と相殺して税金を支払うことができます。

つまり、(利益-損失)×約20%=税金となり、これを損益通算といいます。

ところが、NISA口座で保有している商品に損失が出たとしても、特定口座や一般口座で利益が出ている商品と相殺(損益通算)することはできません。

つまり、NISA口座は課税もされなければ減税もされないということです。

各NISAそれぞれのデメリット・注意点

NISAには一般NISA、つみたてNISA、ジュニアNISAの3種類がありますが、
それぞれ個別の注意点があるので説明しますね。

各NISA個別のデメリット・注意点
  • 一般NISA:非課税期間満了に伴う手続きが必要
  • つみたてNISA:スポット購入ができない
  • ジュニアNISA:18歳か2024年を迎えるまでは払い出しできない

まず、一般NISAについてです。

2023年までの現行制度中に非課税期間の5年間を迎える場合は、非課税期間満了に伴う手続きが必要です。

手続きは、①ロールオーバーする、②課税口座に移す、③売却する のいずれかから選択します。
この手続きをしないと、自動的に課税口座に移されてしまったりするので、注意が必要です!

各選択肢の詳細は下記の記事にありますので、気になる方はご覧くださいね。

【初心者向け】NISAとは?一般、つみたて、ジュニアの違いを比較!選び方は?併用はできる?

次に、つみたてNISAについてです。

つみたてNISAはその名のとおり「積立」ですので、一般NISAのように好きな時に好きな商品を買うこと(スポット購入)はできません。

基本は毎月投資信託を購入していきます。購入する投資信託の変更(スイッチング)は可能です。

最後に、ジュニアNISAについてです。

ジュニアNISAは、一般・つみたてと異なり18歳(高校3年生の年末)まで払い出し(現金化)が一切できません。
(災害などによるやむを得ない場合を除く)

ただ、ジュニアNISAに関しては2023年末での廃止が決定したため、2024年以降は18歳未満でも払い出しできるようになりました。
20歳まで非課税のまま保有することも可能です。

いずれにせよ一定期間は払い出しできない点に注意が必要です。

まとめ

NISAの注意点・デメリットをまとめます。

  • 1人1口座しか持てない
  • 口座開設するところによって商品が異なる
  • 新規購入の商品のみが対象になる
  • 売却時しても投資枠の再利用はできない
  • 未使用分は翌年に繰り越されない
  • 一般口座や特定口座との損益通算ができない

とはいえ、基本的にNISAはメリットの方が大きい制度です。
注意点やデメリットを理解したうえで、後悔しない選択をしましょう!

また、2024年以降は一般NISA・つみたてNISAの制度が変わります。
ジュニアNISAは述べたように廃止されます。

改正点の詳細は以下の記事にまとめていますのでぜひご覧ください。

2024年からの新制度NISAは改悪!?一般、つみたて、ジュニアNISAの改正点と注意点を元証券会社勤務が解説

少額で投資を始めたい方は、つみたてNISA×LINE証券の組み合わせがおすすめです(^^)
つみたてNISAでは個別株式には投資できませんが、LINE証券では1株から購入できます。
単元未満株の手数料は最安ですし、夜9時までリアルタイム取引も可能です。

>>LINE証券の公式HPで詳細を見る

以上、にこでした。

最後までお読みいただきありがとうございました!

-お金のコツ・テクニック